報酬

報酬最後に少し気がかりな、弁護士に支払うべき報酬です。前ページで説明しました、最初に話を持ち込んだときの相談料ですが、無料のところもあれば、30分で5000円~1万円程度の相談料がかかるところもあります。以前はこの相談料が、きっちりと定められていました。しかしそれも、自由に設定できることになってからは、司法改革により弁護士の世界も競争が激しくなってきたこともあり、相談に限っては無料とする弁護士事務所が、増加するようになりました。こういった傾向は、今後も進むものと考えられます。弁護士利用の敷居が低くなってきていますので、ぜひこの時代の流れに乗って、弁護士を有利に利用していきたいものです。

この時点で、任せるべき弁護士が決まれば、続いて加害者側の保険会社との、示談交渉となります。示談交渉では、着手金と成功報酬がかかります。着手金は10万~20万円、成功報酬は勝ち取った損害賠償額の、8パーセントあたりが相場です。着手金は、示談交渉によって獲得された金額の多寡や、途中解約にかかわらず、変更のないお金です。成功報酬は、案件がすべて終了した時点で、弁護士の懐に入ります。補償金という形で、弁護士の口座に振り込まれたお金は、成功報酬を除いた後、私たち依頼したものに届けられます。通常これ以降の裁判に発展するケースは、交通事故問題ではそれほど多くありません。